まさかのバッタリで終了したダブル浮気

スポーツカーが大好きで、チューニングしては次のパーツを探してという楽しいチューニングカーライフを送っていました。
月に一度、同じ車種のオーナーだけが集まるミーティングに参加していました。大体15?20台が集まり、多いときは30台以上の時もありました。

ある時そのミーティングに来ていた女性と意気投合し、メールでやりとりし始めるようになりました。
色々な車の情報交換をし楽しむ中で、個別に会って車の乗り合いしてみることになりました。チューニングカー同士で、音も煩いことから人気の無い空き地で合流しました。
寒いシーズンだったこともあり、私の車の中で色々な話をし、お互いの車を見ながら談笑していました。

すでにメールでやり取りしていたので打ち解けるのも早く、笑いあいながらの時間はとにかく楽しく、妻との時間には離すことが出来ないような盛り上がりでした。
時間も過ぎて別れ際に突然彼女がキスをしてくれたことから燃え上がってしまい、車の中でしたが、下半身をお世話になってしまいました。
その日を境に会うたびに車の中で抱き合い下のお世話になるようになってしまい、その付き合いが半年近く経ちました。

お互いに素性は明かさず曖昧な仕事の内容だけを話していました。ある日、職場の健康診断で私が受けにいくと、職場に来ていた健康診断をするスタッフの中に彼女が居ました。
お互いに会ったときは職場同士だったために、言葉が出ず、軽く挨拶して終わりました。それを機に彼女との連絡は途絶えました。
お互いに知ってしまった職場のことがあり気まずくなったのと、深入りしてお互いの家庭を壊したくなかった思いは同じだったのでしょう。
今でも彼女にお世話になった感触は忘れられず、本当に短い淡い時間を楽しめたことは思い出として残っています。

上京 彼女 作り方