高校時代の先輩との悲しい青春事情

高校に入学して入った同好会の歓迎会のお花見で、二つ上のおしゃれでイケメンで背が高くて素敵な先輩と出会いました。
思い出美化かもしれませんが、いま思い出してもかっこいいです、笑。その後、連絡先を交換して、毎日メールや電話のやり取りをして、一か月後に先輩から告白されました。

夏には海に行ったりお祭りにいったり沢山の楽しい思い出ができましたが、秋になり受験が本番のシーズンになると受験に専念したいと失恋しました。
先輩の将来を邪魔したくないので、泣く泣くお別れしましたが、『こどもっぽかったのが原因』と漏らしていることが判明しました。自棄になってしまい恋愛経験を重ねましたが、長続きしませんでした。

その後先輩は受験に失敗し、一浪することに。さらに一年後に久々に連絡がきて、二浪するかもしれないと弱気な姿がありました。
励ましたり元気づけているうちに、再び付き合うことになりました。が、最後の一校の大学に合格し、東京へ引っ越してしまいました。

その後は、大学生活が楽しかったようでだんだん放っておかれるようになり、5月には再びふられました。振られた時の理由は、『恋愛になれていて別人のようだ』とのことでした。
その通りです、自暴自棄になり恋愛経験を重ねたので慣れました。そんな私にも原因は多々あるのでしょうが、今思い出してみると、自分勝手だなと悲しくなります。

仕事に 追 われ て 恋愛 できない