月別アーカイブ: 2020年9月

まさかのバッタリで終了したダブル浮気

スポーツカーが大好きで、チューニングしては次のパーツを探してという楽しいチューニングカーライフを送っていました。
月に一度、同じ車種のオーナーだけが集まるミーティングに参加していました。大体15?20台が集まり、多いときは30台以上の時もありました。

ある時そのミーティングに来ていた女性と意気投合し、メールでやりとりし始めるようになりました。
色々な車の情報交換をし楽しむ中で、個別に会って車の乗り合いしてみることになりました。チューニングカー同士で、音も煩いことから人気の無い空き地で合流しました。
寒いシーズンだったこともあり、私の車の中で色々な話をし、お互いの車を見ながら談笑していました。

すでにメールでやり取りしていたので打ち解けるのも早く、笑いあいながらの時間はとにかく楽しく、妻との時間には離すことが出来ないような盛り上がりでした。
時間も過ぎて別れ際に突然彼女がキスをしてくれたことから燃え上がってしまい、車の中でしたが、下半身をお世話になってしまいました。
その日を境に会うたびに車の中で抱き合い下のお世話になるようになってしまい、その付き合いが半年近く経ちました。

お互いに素性は明かさず曖昧な仕事の内容だけを話していました。ある日、職場の健康診断で私が受けにいくと、職場に来ていた健康診断をするスタッフの中に彼女が居ました。
お互いに会ったときは職場同士だったために、言葉が出ず、軽く挨拶して終わりました。それを機に彼女との連絡は途絶えました。
お互いに知ってしまった職場のことがあり気まずくなったのと、深入りしてお互いの家庭を壊したくなかった思いは同じだったのでしょう。
今でも彼女にお世話になった感触は忘れられず、本当に短い淡い時間を楽しめたことは思い出として残っています。

上京 彼女 作り方

同棲開始で引っ越しをしたその日に別れた話

3年付き合った彼と、結婚を前提に同棲をすることになり、家探しをして、家具も全部買い揃えて、引っ越し業者も予約して、準備は満タンでした。
引っ越し当日には、私の友達にも手伝ってもらえるよう声をかけて、みんなに貴重な休日の予定をあけておいてもらいました。
そして迎えた引っ越し当日。引っ越し業者の方がきて、どんどん荷物を運び出してくれます。

長くお世話になった部屋から離れる寂しさと、新しい生活が始まるうきうきの混じった変な気持ちでした。
このあと彼の家に荷物を取りに行って、新居に向かいますということで引っ越し業者さんが私の部屋を去っていきました。
私は新居で彼と待ち合わせをする予定だったので、お手伝いしてくれる友達と一緒に新居に向かいました。
しばらくしてから引っ越し業者さんが荷物と共に現れて、どんどん荷物を運び込んでくれました。

しかし、不思議なことが2つ、彼が現れないことと、彼の荷物がほとんどないこと。変に思って彼に電話をすると、彼はパチンコ店にいて、今いいところだから引っ越し片づけはやっておいてほしいとのこと。
彼の荷物が少ないことについては、彼は基本時には自分の家に住んで、同棲用の家には週末遊びに行くというのです。
家賃は私が払うとのことでした。衝撃でした。家賃は前の1.5倍になるし、家具も買い換えたのに彼は一緒に住まないどころか、ただ単に私が前よりいい家に引っ越しをしたかのようになりました。
一瞬にして彼への愛情が冷めてしまった私はその場で別れを告げ、引っ越しをしたその日に一人暮らし用の家への引っ越しを決めました。もう二度と会いたくありません。

インドア 彼女 作り方

高校時代の先輩との悲しい青春事情

高校に入学して入った同好会の歓迎会のお花見で、二つ上のおしゃれでイケメンで背が高くて素敵な先輩と出会いました。
思い出美化かもしれませんが、いま思い出してもかっこいいです、笑。その後、連絡先を交換して、毎日メールや電話のやり取りをして、一か月後に先輩から告白されました。

夏には海に行ったりお祭りにいったり沢山の楽しい思い出ができましたが、秋になり受験が本番のシーズンになると受験に専念したいと失恋しました。
先輩の将来を邪魔したくないので、泣く泣くお別れしましたが、『こどもっぽかったのが原因』と漏らしていることが判明しました。自棄になってしまい恋愛経験を重ねましたが、長続きしませんでした。

その後先輩は受験に失敗し、一浪することに。さらに一年後に久々に連絡がきて、二浪するかもしれないと弱気な姿がありました。
励ましたり元気づけているうちに、再び付き合うことになりました。が、最後の一校の大学に合格し、東京へ引っ越してしまいました。

その後は、大学生活が楽しかったようでだんだん放っておかれるようになり、5月には再びふられました。振られた時の理由は、『恋愛になれていて別人のようだ』とのことでした。
その通りです、自暴自棄になり恋愛経験を重ねたので慣れました。そんな私にも原因は多々あるのでしょうが、今思い出してみると、自分勝手だなと悲しくなります。

仕事に 追 われ て 恋愛 できない

私の初恋であろう相手とのお話です

これは、私が中学1年生の時のお話です。私は決して真面目ではなく、男子の所謂不良グループと一緒に居ました。
その中の1人は小学校から仲良く怒られる時も一緒の男子がいました。ある日別の人から付き合おうぜー!といわれました。言い方が軽すぎて親友に相談。

付き合うだけ付き合ってみろよと言われたので、返事はOK、次の日から一緒に登校したり夜中遊んだりしてました。
5日後…別れて、女が信用できない。と言われました。は?女が信用できないってなに?っていうと、とにかくそうゆうこと。と言われ唖然。
そこまで好きにもなってなかったし、まあいっか!と思い親友に報告。そこから何もなく2年生。

親友と夜中遊んでると知らない番号から着信が…出ると元カレ…話があるから今から会いたい。とのことでした。
親友といるから無理といった会話を親友が聞いており、どーした?と言われたので元カレが話したいって。
というと呼んでいいよ。と言われたので呼ぶことに、そのころには、親友と元カレは仲良くてイツ面だったので気にすることもなく、元カレ来るなり、私に寄りを戻してほしいと言ってきました。

振ったのはあなたでしょ。と話しをすると謝罪。
親友が来てお前はもうすきじゃねーの?と言われたのでいや、好きも何もないよね。というとまた、俺を信じて付き合ってみれば?と親友に言われまあいーよ。と適当に返し男の約束とか言いながら何か話してくれていました。
それから順調に1年3カ月続き感情もお互い好きってなったころ浮気発覚。今までにない怒りを覚え浮気相手を私が彼氏を親友がかたずけ謝ってきたけど、親友ももう相手にするな。と言ってくれたので二人で帰り帰り道に、なんで泣かない?好きじゃなかった?って言われんー?わかんないけど泣けないってことは好きじゃなかったのかもねー。って言ったらぎゅってされ、あんな事あって二人で暴れてきたばっかだけど俺はずっとお前が好きだった。てか今も好き、俺の女になれよ。って言われて速攻OK

好きって訳ではなかったんですが、安心感が半端なくて付き合った彼は今天国にいます。最後まで私を守ってくれました。

社会人 彼女 なし 休日